透析の穿刺は患者様に取っては週3回も訪れる大変な苦痛です。

当院では5年ほど前よりボタンホール穿刺法に取り組んでいます。特殊な看護ケアを行いボタンホール孔の上皮化を向上し、医師の穿刺技術を高め痛みのない穿刺が行えるケースが増加してきました。その様子を動画でご覧頂けます。

吉田カバン様では鞄を縫う一針に魂を込めて一針入魂がモットーとのことです。

ボタンホール穿刺は通常穿刺よりも壁に沿って入れる感じが難しく、私も5年目にしてやっと分かりかけてきた感じがしています。

私も一針入魂で患者様の痛みを無くしていければと日々心がけています。


HOME院長挨拶患者様向け勉強会の内容紹介施設案内コメディカル部無痛穿刺法の紹介求人案内
TOPICS連携宿泊施設連携リハビリテーション施設朋進会HOME
医療法人社団朋進会 横浜南クリニック
〒234-0054 横浜市港南区港南台3-3-1
TEL:045-834-2224/FAX:045-834-1888
Copyright(C) Houshinkai ,Inc. All Rights Reserved.