●心電図マニュアルダウンロード
当院で作成しました心電図マニュアルです。ご自由にダウンロードしてお役立てください。

心電図マニュアル



●透析パンフレットダウンロード
当院で作成しました透析関係のパンフレットです。ご自由にダウンロードしてお役立てください。

透析療法の知識

血液検査の友

Dr柴田のマニアも納得!透析読本

●2015年5月にロンドンで行われるヨーロッパ透析移植学会に洋光台セントラルクリニックと横浜南クリニックから合計4演題採択されました。

洋光台セントラルクリニック、久慈院長、横浜南クリニック、柴田院長がロンドンに出張します。

●朋進会で行った横浜市大との共同研究の第1報が、米国の雑誌に掲載されました。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24456328

●朋進会で行った横浜市大との共同研究の第2報が、米国の雑誌に掲載されました。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25257861

●2014年5月30日からアムステルダムで開催されるヨーロッパ腎臓透析移植学会に久慈院長の演題が採択されました。

2014年5月30日からアムステルダムで開催されるヨーロッパ腎臓透析移植学会に久慈院長の演題が採択されました。久慈院長、柴田院長は同学会発表のため出張いたします。

●久慈院長が洋光台セントラルクリニックで行った横浜市大との共同研究が、米国の雑誌に採択されました。

久慈院長が洋光台セントラルクリニックで行った横浜市大との共同研究が、米国の雑誌に採択されました。2014年秋に掲載されます。
詳細はこちら

●ボタンホール法に関するニプロ様のパンフレット

朋進会で行っている1点穿刺法の痛みとストレスの少なさがニプロ様のパンフレットになりました。透析の針の痛みに悩んでおられる方は是非ご覧下さい。

ボタンホール法に関するニプロ様のパンフレット(PDF)

●イスタンブールで行われるヨーロッパ透析移植学会(ERA−EDTA2013)に朋進会から2演題、横浜市立大学医学部附属病院との共同研究で1演題採択されました。

イスタンブールで行われるヨーロッパ透析移植学会(ERA−EDTA2013)に朋進会から2演題、横浜市立大学医学部附属病院との共同研究で1演題採択されました。
このため、洋光台セントラルクリニック久慈忠司院長、横浜南クリニック柴田和彦院長が発表のため出張します。

●横浜南クリニック柴田院長の、ヨーロッパ透析移植学会、EDTA-2012発表内容が雑誌で取り上げられました。

横浜南クリニック柴田院長の、ヨーロッパ透析移植学会、EDTA-2012発表内容が雑誌で取り上げられました。
米国陸軍が使用しているエビを原料とした特殊な止血剤で透析後止血できない時に、2分で確実に止血できるという内容です。世界中の透析患者様のお役に立つ内容です。ご興味がありましたら掲載内容をご覧下さい。
詳細はこちら

●今年の10月にサンディエゴで開催される全米腎臓学会(ASN for Kidney Week 2012)に洋光台セントラルクリニック久慈忠司院長の演題が採択されました。

今年の10月にサンディエゴで開催される全米腎臓学会(ASN for Kidney Week 2012)に洋光台セントラルクリニック久慈忠司院長の演題が採択されました。
久慈院長は同学会発表のため出張致します。

●5月にパリで開催されるヨーロッパ透析移植学会に横浜南クリニック柴田院長の演題が採用されました。

1演題は、通常の穿刺方法では穿刺の時にストレスマーカーが大幅に上昇します。
しかし、当院で施行しているボタンホール穿刺法を行うと穿刺時にストレスマーカーが全く上昇しないという世界初の知見です。穿刺法に関してはボタンホールが優れているという報告世界的にが相次いでおりますが、患者様のストレスに焦点を当てた考察はこれまで全くありませんでした。

もう1演題は、止血困難なときにこれまでの世界標準の止血剤だったカルトスタットと、キトサンを使用した新型の止血テープを比較した物で、これまでの世界標準薬を大幅に上回る確実性で止血できることを立証した物です。止血できずに圧迫止血しながら待たされている患者様のお役に立てれば嬉しい限りです。

両発表とも透析患者様にお役に立てる有用な研究だと考えています。
不在の間ご不便をおかけしますが宜しくお願い申しあげます。

平成24年3月30日(金) 横浜南クリニック院長 柴田和彦

●洋光台セントラルクリニック久慈院長と、横浜南クリニック柴田院長がヨーロッパ透析移植学会 ERA−EDTA201に合計3題研究発表します。

http://www.eraedta2012.org/index.html

●洋光台セントラルクリニックで送迎サービスを開始致しました。

ご要望の多かった送迎サービスを開始致しました。お気軽にご相談下さい。

●洋光台セントラルクリニックで火木土の午後透析を開始致しました。

火木土の午後2時からの透析を開始致しました。5時間透析も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

●洋光台セントラルクリニックが日本透析医学会の教育関連施設に認定されました。

洋光台セントラルクリニックが、日本透析医学会認定施設である横浜市立大学附属病院の教育関連施設に認定されました。 医療に関しては勿論のこと、教育に関しても更に良好な関係を築いていきます。

●横浜南クリニック柴田院長のプラハでの学会発表が以下のページに掲載されました。
ご興味のある方はご覧下さい。



世界の学会発表を集めたページ。Facalty of 1000
http://posters.f1000.com/P1961

HemCon社ホームページ
http://www.hemcon.com/
のトップページにある、
NEW CHITOSAN-BASED BANDAGE STOPS SEVERE BLEEDING
HEMODIALYSIS FROM HEMODIALYSIS PUNCTURE SITE IN 2 MINUTES.
が柴田の発表内容です。

この発表は、世界の透析患者様、透析医療に携わる医療者の皆様が止血するために無為に時間を拘束されている現状を改善する一助になればとの思いで協力させていただいたもので、米国ヘムコン社、およびゼリア新薬様からは一円の資金も頂いておりません。ここに契約内容を開示致します。
契約内容の閲覧はこちら

●横浜南クリニック院長柴田和彦の学会発表があります。

The 48th congress of ERAEDTA in Prague in June 2011
ヨーロッパ腎臓学会 第48回透析移植会議 プラハ チェコ共和国

●5時間、6時間透析を開始しました。

腎友会の皆様からのご要望を頂いておりました5時間および6時間透析を横浜南クリニックと洋光台セントラルクリニックで開始致しました。

当グループでは、ダイアライザーの効率を下げることなく、4型、5型の高効率ダイアライザーを用いて行っております。透析量も高くなりますが特に希望がない限り高めの透析量で行っております。低分子タンパクから小分子量物質まであらゆる毒素を効率的に除去します。

●横浜南クリニック院長柴田和彦が平成23年1月16日に横浜市腎友会医療講演会の講師を務めさせていただきます。

平成23年1月16日(日) 横浜市健康福祉総合センター8階8A8B会議室
テーマ 透析者の治療困難な合併症を治す

透析患者様に起こる様々な合併症で、治療可能であるにもかかわらず放置されてしまいがちな症状、病態、対策等を説明いたします。
あなたの病気、実は治るのかもしれませんよ!講演をお聞きになりたい方は、皆様のクリニックの腎友会までお問い合わせ下さい。

●洋光台セントラルクリニック久慈忠司院長が、第43回アメリカ腎臓学会(ASN)で研究の成果を発表しました。

洋光台セントラルクリニック久慈忠司院長が、2010年11月18日(木)米国コロラド州デンバーで開催される第43回アメリカ腎臓学会(ASN)で研究の成果を発表しました。

●洋光台セントラルクリニックで月水金のクールで夜間透析を開始致しました。

2010年8月16日より洋光台セントラルクリニックの月水金クールで夜間透析を開始致しました。
新型透析液のカーボスターを使用し、最長5時間透析も選んで頂けます。
また、駐車場もありますので職場から車でおいでいただけます。
ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。


HOMEご挨拶概要・沿革東神クリニック洋光台セントラルクリニック横浜南クリニック笠間クリニック
朋進会の活動求人案内TOPICS
医療法人社団朋進会 事務センター
〒235-0016 横浜市磯子区磯子3-3-21 2階
TEL:045-753-2140/FAX:045-753-2271
個人情報保護について
Copyright(C) Houshinkai ,Inc. All Rights Reserved.